2010年08月04日

石川遼 今季メジャーは最高で27位に!

石川遼が、マスターズの第1Rではイーブンパーで
32位につけましたが、第2Rで後半崩れて
通算4オーバーの49位で2年連続の予選落ちしました。

最終18番で5メートルのパーパットを外して
カットラインに1打及ばず「まだ練習が足りない
のかな」と悔し泣き。


また全米オープンでは、第1Rは70で、
海外ツアー初日自己最高の4位発進。

第2Rも71で、首位に2打差の2位に浮上し、
大会最年少優勝の期待を抱かせました。

しかし「一番緊張した」という第3Rは75で
7位に後退してしまった石川遼。
最終Rは2度ダブルボギーを打つなど80と大崩れし、
通算12オーバーの33位に終わってしまいました。


さらに、全英オープンではほぼ無風の第1Rは68で
17位。その後は強風の中でのプレーとなり、
第2Rは73で21位。

第3Rは75で41位に後退しましたが、
最終R70で通算2アンダーとし、メジャー自己
最高位の27位だったそうです。


今回の最高成績は27位にとどまった石川遼。
まだまだ若いので、来年の活躍もさらに期待が
かかりそうですね。


posted by 三四郎 at 11:25| 男子プロゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。