2010年08月11日

宮里藍 女子プロゴルフツアーのNEC軽井沢72で「命の塩」!

女子プロゴルフツアーのNEC軽井沢72が13日から3日間、
長野・軽井沢72G北Cで行われます。宮里藍がこの大会に向け、
10日、アウト9ホールの練習ラウンドで調整しました。

疲労が蓄積される後半戦は、上質なミネラルを豊富に含んだ
故郷である沖縄産の「命の塩」を武器に、米ツアー賞金女王を
目指していきます。


塩を取り入れる事を決めたのは、酷暑の中での全米女子オープンが
きっかけだったそうです。思うように体が動かず集中力を欠いた
ことに危機感を抱き、トレーナーに相談したところ勧められたのだとか。


「水に入れて溶かして飲んだりしています。そのままなめる
だけでもいい。全然違いますよ」と塩の効果を感じたコメント。


ちなみに、沖縄の「ぬちまーす」という塩。
宮里藍が使うとなれば、売れ行きも気になるところですね。


日本ツアーは、今季4戦目となる今大会後は10月の日本女子
オープンまで出場しないそうです。11月の日米共催の
ミズノクラシックには出場しますが、最終戦のツアー選手権
リコーカップは未定だそう。


米ツアーの女王争いによっては、日本の出場義務試合数
7試合に到達せず、罰金が発生することになります。
それでも、すでに4勝を挙げ、開幕から女王取りを見据えた
今季は「罰金より女王」のスタンスで米ツアーを優先させます。


ちなみに、現在賞金ランクは1位の申ジエに12万4434ドル
差の5位で、世界ランクは3位となっています。


ちなみに、この罰金制度。
日本女子プロゴルフ協会では国際ツアー登録をしている選手に
対して全試合の20%(今季は34試合なので7試合)の出場を
義務づけており、果たせない場合は03年から100万円の
罰金が科せられています。

宮里藍は06、07、08年と罰金を払ってきましたが、
昨シーズン(出場義務7試合)は8試合に出場し、
クリアしているそうです。


この罰金制度はマイナーな制度でしたね。
知らない人も多いかもしれません。
posted by 三四郎 at 12:06| 女子プロゴルフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。